山ごはん 鍋 山ごはんレシピ

メスティンで四川風しびれ鍋!花椒が効いた刺激たっぷり山ごはん

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、四川風しびれ鍋を紹介します。

しびれ鍋は、花椒(ホアジャオ)が入っていて、辛いのはもちろん、しびれる香りと風味が

特徴的な中国の鍋料理です。

以前火鍋を紹介しましたが、火鍋と同じくらい汗が噴き出ておいしいので

ぜひ作ってみてください!

四川風しびれ鍋の材料

四川風しびれ鍋の材料
  • 豚肉 150gくらい
  • シイタケ 2~3個
  • 豆腐 小さめ1丁
  • パクチー 適量
  • 片栗粉 適量
  • 水 300ml 
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • 酒 大さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • オイスターソース 大さじ1/2

今回のレシピは、SHIORIさんのむげん小鍋のレシピを参考にさせてもらいました。

スポンサーリンク

四川風しびれ鍋のレシピ

豚肉にたっぷりの片栗粉をまぶす

豚肉にたっぷりの片栗粉をまぶしておきます。

片栗粉をまぶすことで、お肉の水分をとじこめ、出来上がりがしっとり仕上がります。

材料を前もって材料を切っておく

パクチーはざく切りに、しいたけは石づきを取り除き、細切りにします。

豆腐は、切れ目を入れて水を抜いておきます。

豆腐に入っている水は、山では捨てられないためです。

材料はジップロックに入れて持参します。

豆板醤、オイスターソース、しょうゆを混ぜておく

豆板醤小さじ1、しょうゆ大さじ1/2、オイスターソース大さじ1/2を混ぜます。

混ぜた調味料は、百均で買った容器に入れて持参します。

ちなみに、お酒大さじ1/2も百均容器に入れて持参します。

メスティンに、水、鶏ガラスープの素、酒、混ぜておいた調味料を入れる

メスティンに、水300ml、鶏ガラスープの素小さじ1、酒大さじ1/2、混ぜておいた調味料(豆板醤、しょうゆ、オイスターソース)を入れて、混ぜます。

鶏ガラスープの素が溶けていませんが、加熱したら溶けるので大丈夫です。

スープをひと煮立ちさせ、豚肉をさっとゆでる

スープをひと煮立ちさせます。

鶏ガラスープの素もきれいに溶けました。

片栗粉をまぶした豚肉を入れます。

豚肉をさっとゆでます。

豆腐としいたけを加える

豆腐をさいの目切りにして、入れます。

切ったしいたけも加えて、2~3分煮込みます。

とろみが少しつく程度まで煮込みましょう。

花椒、ラー油を加える

花椒をお好みの量で加えます。

入れすぎると、汗が噴き出るしびれ具合になるので、注意です笑

ラー油もお好みの量を加えます。

パクチーをのせたら完成!

最後にパクチーをのせたら、四川風しびれ鍋の完成です!

とろみがついたスープに具材をからませていただきます。

ピリ辛でしびれる味が豚肉とよく合います。

まとめ

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、四川風しびれ鍋を紹介しました。

花椒が効いたパンチのある味なので、刺激的な味を楽しみたい人はぜひ作ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

※山ごはん鍋のレシピを他にも多数紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました