山ごはん初心者

山ごはんで作ったラーメンの残った汁の処理方法を5つ紹介!一番おすすめな方法とは?

ラーメンの残り汁の処理方法

山ごはんファンのみなさん、こんにちは!

山ごはん定番のラーメンは簡単にできておいしいので、とても人気のあるメニューです。

しかし、おいしいラーメンを食べた後には、スープが残りますよね!

この残った汁はみなさんはどのように処理していますか?

このラーメンの残った汁の処理方法を、基本の方法からちょっとしたアイディアまで

5つ紹介していきます。

ラーメンの残り汁の処理方法は山ごはんにおける永遠の課題だと思いますので

知りたい人はぜひ確認してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山で、残り汁はなぜ捨ててはいけないのか?

最初に知ってほしいこととして、ラーメンの残った汁は山には捨ててはいけません。

※すでに知っている人は読みとばしてもらってOKです。

残った汁を山には捨ててはいけない理由
  • 自然環境に影響を及ぼす
  • 動物を寄せ付ける原因となり危険である
  • そもそももったいない

残り汁を山には捨ててはいけない理由は主に↑の3つがあります。

自然環境に影響を及ぼす

残り汁を山に捨てることで、自然環境に影響を及ぼす可能性があります。

ラーメンの残り汁には、山には存在しない程の高い塩分や栄養分を含んでいます。

この残り汁を山に捨ててしまうことで、山では存在しなかった栄養環境が生まれてしまい、生態系が変わってしまうかもしれません。

自分ひとりが捨てるくらいでそこまで変わらないという人もいると思いますが

ひとりいるということは、同じような考えの人がもっとたくさんいるということです。

そのような考えの人が全員残り汁を捨てることで、自然環境に大きな影響を及ぼします。

動物を寄せ付ける原因となり危険である

残った汁を山に捨てることで、動物を寄せ付ける原因となる可能性があります。

ラーメンはとてもおいしいですが、動物にとってもおいしいのはいっしょです。

ラーメンの残った汁は匂いも強いので、動物を遠くから寄せ付けるかもしれません。

ラーメンの残った汁を捨てる場所は基本的には登山道の近くだと思うので、

人間と動物が遭遇する可能性が高まります。

山にいる動物には人間に危害を加える動物(熊や猪など)もいます。

あなたがラーメンの残り汁を捨てることで

人間に危害を加える動物を寄せ付ける原因となり

登山をする人を危険にさらす原因になるかもしれません。

そもそももったいない

山にラーメンの残り汁を捨ててはいけない主な理由は2つですが

残り汁を捨てることはそもそももったいないという考え方があります。

ラーメンの残り汁は栄養分や塩分が高いという話をしましたが

登山において栄養分や塩分は非常に重要です。

日帰り登山はおいといて、テント泊などの長期間な登山においては

大切な栄養分や塩分を捨ててしまうこと自体がもったいないという話です。

スポンサーリンク

ラーメンの残り汁の処理方法

ラーメンの残り汁を山には捨ててはいけない!ということは分かってもらえたと思いますが

今回は、残り汁の処理をするための5つの方法を紹介していきます。

シンプルに、飲む!

1つ目は、ラーメンの残り汁をシンプルに飲むという方法です。

いやいや知ってるよ!と言いたくなると思いますが、処理方法の基本なので紹介させてください笑

ぼくがスープを飲んで処理する時は

ラーメンを作る時に少なめの水の量でラーメンを作ります。

水500mlが必要なラーメンなら、水450mlで作るといった感じです。

食べる時も麺といっしょにスープもいつもより多めに飲むという心がけて食べれば

スープだけで飲む量が減るので、そこまでスープを飲むのは大変ではありません。

テント泊登山などの山で泊まる場合の登山では

資源と栄養を無駄にしないために、この「飲む」という方法で残った汁を処理します。

ご飯を入れて、雑炊にして食べる

2つ目は、ラーメンの残りのスープで雑炊を作って食べる処理方法です。

家で炊いたご飯またはコンビニのおにぎりを持参して、雑炊を作ります。

ラーメンといっしょにおにぎりを食べる人も多いと思うので

おにぎりとして食べずにスープといっしょに食べてしまおうという発想です。

お腹が空いていれば、ラーメンのスープだけを飲むより残り汁を簡単に処理することができます。

簡単ラーメンスープ雑炊の作り方

コーンチーズラーメンのスープが残ったので、簡単雑炊を作ります。

残りのスープに、ご飯を入れて

ご飯をほぐして、温めます。

粉チーズをかけてチーズ雑炊でいただきました。

スープがなくなったフライパンは

ティッシュでふくだけで、きれいになります。

高吸水性樹脂で固めて持ち帰る(最近話題の方法)

最近話題の方法として、高吸水性樹脂が成分の粉をスープに入れて

かき混ぜることで固めて持ち帰るという方法があります。

こんな感じできれいに固まってくれます。

スープが飲むのが大変な人は試してみる価値があると思います。

詳細は以下のページで紹介しています。

ジップロックなどの密閉袋に入れて持って帰る(おすすめ)

3つ目は、ジップロックなどの密閉袋にスープを入れて持って帰る方法です。

ぼくはこの方法を使うことが一番多いです。

ぼくはジップロックに入れて、食材を持ち運ぶことが多いので、そのままごみ入れや液体を持って帰るのに使います。

ジップロックだけでは破けると不安だと思うので、さらに二重にビニール袋で包むと良いでしょう。

ぼくはこの方法で残り汁がもれたことは一度もありません。

真空ボトルに入れて持って帰る

4つ目は、真空ボトルにスープを入れて持って帰る方法です。

ジップロックに入れて持って帰る方法と似ていますが

真空ボトルの方が密閉性が高いので、ジップロックで漏れるのが不安な人は利用すると良いと思います。

写真で紹介しているのは、ラーメンのスープではなくうどんのつゆですが、家まで問題なく持って帰ることができました。

真空ボトルを使用した時の詳細は↓の記事に書いているので、参考にしてください。

まとめ

今回は、ラーメンの残り汁をなぜ山に捨ててはいけないか?ということと

ラーメンの残り汁の処理方法を4つ紹介しました。

ラーメンの残り汁の処理方法
  • シンプルに、飲む!
  • ご飯を入れて、雑炊にして食べる
  • ジップロックなどの密閉袋に入れて持って帰る
  • 真空ボトルに入れて持って帰る

この中の1つでも、みなさんの参考になる内容があれば良いなと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人
つくも

料理好きが講じて、山ごはんも凝ったものを作りがち。
山ごはん初心者にも紹介できる簡単メニューを日々考案する毎日です。

twitter、instagram、youtubeも更新しています!
お問い合わせはこちら

つくもをフォローする
スポンサーリンク
三度の飯より山ご飯が好き!

コメント

  1. おけいはん より:

     残り汁の処分に高吸水樹脂を使っていましたが、塩分が多いと樹脂の量が倍ほど要り、ある程度に固まるまで時間もかかります。
    短い休憩時間には適していなかったと感じています。

     カップヌードルリフィルがセリアの蓋つきサラダカップにピッタリ入るので、サラダカップの中にポリ袋で調理して、残り汁はそのまま持ち帰ります。
    これだと残り汁を入れた袋が破れることがありませんから、日帰りでは便利です。

     数日の山行では、残り汁にマッシュポテトを入れて(30g/100㏄)美味しく食べています。
    カップヌードルリフィルは、具が沢山で美味しく、小さくて丈夫でゴミが少なく、場合により水でも調理できるので、愛用しています。
    マッシュポテトは、軽くておにぎり並みのエネルギーがあるし、フリーズドライ食と混ぜたり、応用が効きますよ。

    • つくもつくも より:

      コメントありがとうございます。
      ぼくが試してみた時は、カップ麺のスープでも2~3分で固まったので
      あまり気になりませんでしたが、塩分の濃さによって時間はかなり異なるみたいですね?

      カップヌードルリフィルをサラダカップの中のポリ袋で調理する発想はなかったので
      参考になりました。
      マッシュポテトも長期縦走の機会があれば試してみたいと思います!

      • おけいはん より:

        日帰りなら、カップヌードルリフィル、調理用袋、折りたたみフォーク、マッシュポテトを小袋に30g程入れたものが、蓋つきサラダカップに収められます。
        食後はゴミを全部収納して、汁や臭いの心配もなし。
        マッシュポテトが手元に無いときは、パン粉でも代用できます。

タイトルとURLをコピーしました