山ごはん 温かい麺 山ごはん初心者

山ごはん定番のラーメンに使えるトッピング12選!山ごはんにおけるトッピングの重要性を知ろう

山ごはん 温かい麺

山ごはんファンのみなさん、こんにちは!

山の上で食べるラーメンっておいしいですよね。

みなさんも一度は食べたことがあると思いますが、普通に作って食べていませんか?

それはとてももったいない!ということで、今回は山ごはん定番ラーメンに使えるトッピング12選を紹介します!

山ごはんにおけるトッピングの重要性

ラーメンのトッピングを紹介する前に、山ごはんのトッピングの重要性について少し話させてください。

山ごはんにおけるトッピングは、山ごはんの見た目をおいしく、味をおいしくする上で効果的な手法です。

もしあなたがおいしくて簡単な山ごはんを作りたいと思うなら、トッピングするという考えをマスターしてほしいです。

トッピングの考え方以外の大切な考え方を紹介している記事がありますので、興味があればぜひ確認してみてください。

ラーメンに使えるトッピング12選

それでは、ラーメンのトッピングに使えるトッピング12選を紹介していきます。

持ち運びやすいトッピングという視点で選びました。

チャーシュー

やっぱりラーメンといえばチャーシューでしょう。

袋入りの厚切りチャーシューが市販しています。

既製品は存分に利用しましょう。

自作チャーシューで作った山ごはんラーメンはこちら↓

メンマ

ラーメンに、メンマも忘れられませんね。

袋入りもいいですが、瓶詰のメンマも売っています。

味玉

ラーメンに味玉を入れることで、黄色が加わって彩りが良くなります。

ボリュームも出て、おすすめ。

ねぎ

何にでも合う食材代表、ねぎ。

ぼくもいろんなレシピでお世話になっています。

パック詰めのねぎが持ち運びしやすくて、おすすめです。

のり

味のりは登山で持っていきやすいトッピングです。

ラーメンの汁でふにゃふにゃになったのりも意外と好き笑

乾燥わかめ

海藻系が続きます。

味噌ラーメンに合うトッピング、乾燥わかめ。

水を吸うことで膨らんで、お腹も膨れるコスパ商品です。

コーン

コーン缶も良いですが、袋入りのコーンがかさばらなくておすすめ。

甘味が加わって、ラーメンの味のアクセントになります。

バター

コーンがきたらセットで思い出すのがバターです。

ひとかけらラップに包んで持っていくことができます。

暑い日は溶けてしまうので、涼しい日に持っていきましょう。

スライスチーズ

やっぱりチーズは忘れちゃいけませんね。

トッピングすることで、ラーメンに濃厚な味わいが加わります。

ラーメンの上で溶けたチーズは絶品。

粉チーズ

ちょっとパッケージをはがして分かりにくいですが、粉チーズです。

スライスチーズより持ち運びやすく、お手軽にチーズ風味にできるのでおすすめ。

ブラックペッパー

ブラックペッパーは山ごはんにおいて便利な調味料。

小瓶で持ち運びやすいのに、ちょこっと入れることで味にパンチが加わります。

七味

同じく活用しやすい調味料代表、七味。

袋入りも持ち運びやすいので良いですね。

スポンサーリンク

味噌ラーメンに全部トッピングしてみた

今回は、袋麺のサッポロ一番みそラーメンを普通に作って、全トッピングしてみます。

沸騰したお湯で麺を茹でます。

味玉は半分にして盛り付け。ねぎ、乾燥わかめ、コーンは適当な量を調節して盛り付けます。

麺をゆで終わったら、スープの素を入れて混ぜたら、最後にトッピングをします。

全トッピング味噌ラーメンが出来上がりました!!

麺がほとんど見えないので、ラーメンなのか疑わしい笑

味は安定の味噌のおいしさ。

全部のせで、お腹いっぱいになりました!

まとめ

今回は山ごはん定番ラーメンのトッピング12選を紹介しました。

この中から、お気に入りのトッピングを見つけてみてください。

ラーメンが好きな人は、全部トッピングにもチャレンジしてみては?笑

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました