山ごはん 鍋 山ごはんレシピ

メスティンでビーフストロガノフ鍋!トマトペーストを使って本格山ごはん

山ごはん 鍋

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、ビーフストロガノフ鍋を紹介します。

以前紹介したオニオングラタンスープ鍋といっしょで、鍋なのか?と疑問もあると思いますが

メスティンで具材を煮込むということで鍋シリーズとして紹介させていただきます。

トマトペーストを使うことで、簡単にトマト風味のビーフストロガノフを作ることができます。

とてもおいしいので、ぜひ作ってみてください!

ビーフストロガノフ鍋の材料

ビーフストロガノフ鍋の材料
  • 牛肉 150g
  • 小麦粉 適量
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ぶなしめじ 1/4株
  • ミニトマト 4個くらい
  • 水 300ml
  • コンソメ 1袋(4.5g)
  • トマトペースト 1袋(18g)
  • バター ひとかけら
  • 料理酒 大さじ2
  • 塩 適量
  • ブラックペッパー 適量
  • コーヒーフレッシュ 1個
  • 乾燥パセリ お好みで

今回は結構材料が多めです。

スポンサーリンク

ビーフストロガノフ鍋のレシピ

材料を前もって切っておく

玉ねぎはくし切りに、ぶなしめじは石づきを取り除いておきます。

牛肉に小麦粉をまぶしておく

牛肉に小麦粉をまぶします。

小麦粉をまぶすことで、お肉から水分が逃げずにしっとりした仕上がりになります。

また、とろみをつけるためにも小麦粉は必要です。

牛肉はラップに包み、切った野菜といっしょにジップロックに入れて持参します。

メスティンにバターを入れ、玉ねぎを炒める

メスティンに、バターをいれて加熱します。

バターが溶け始めたら、くし切りにした玉ねぎを入れて炒めます。

玉ねぎが透き通るくらいまで炒めましょう。

ぶなしめじ、牛肉を炒める

玉ねぎを炒めたら、ぶなしめじを手で割いて加えます。

ぶなしめじがしんなりするまで炒めたら、小麦粉をまぶした牛肉を加えます。

色が変わるまで、軽く炒めます。

水、トマトペースト、コンソメ、料理酒を入れ、煮込む

水300ml、トマトペースト、コンソメを入れます。

今回トマトペーストを使います。小袋に分けてあって、山ごはんに使いやすい商品です。

料理酒も入れます。

ちなみに、料理酒を入れている容器は100円均一で購入したものです。

料理酒のアルコールがとんで、牛肉の色が変わるまで煮込んでいきましょう。

ミニトマトを加えて軽く煮込む

煮込んで水気が多くなってきたら、ミニトマトも加えます。

1~2分くらい軽く煮込みましょう。

塩、ブラックペッパーで味を調える

煮込み終わったら、塩、ブラックペッパーを加えて味を調えます。

塩3~4ふり、ブラックペッパー2~3ふり加えました。

煮込み終わりました。おいしそう!

コーヒーフレッシュ、お好みで乾燥パセリを加えて完成!

彩りとして、コーヒーフレッシュを加えて

お好みで乾燥パセリを加えたら、ビーフストロガノフ鍋の完成です!

今回は、塩むすびをシェラカップに盛り付けて

ご飯といっしょにいただきます!

簡単でおいしいビーフストロガノフでした!

まとめ

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、ビーフストロガノフ鍋を紹介しました。

トマトペーストは以前スパイスカレーを作った時にも使用しましたが

本格的な山ごはんを作る時にはとても便利な商品だと思います。

ぜひみなさんも使ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました