山ごはんレシピ

メスティンで麻婆豆腐鍋!素を使って簡単山ごはん

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、麻婆豆腐鍋を紹介します。

麻婆豆腐の素を使って作るので、ちょっとした味付けで簡単に鍋を作ることができます。

ピリ辛でおいしいので、冬におすすめの山ごはんレシピです。

ぜひみなさんも作ってみてください!

麻婆豆腐鍋の材料

麻婆豆腐鍋の材料
  • 麻婆豆腐の素 1袋
  • 木綿豆腐 小さめ1丁
  • チンゲン菜 1株
  • 長ネギ 1/3本
  • もやし 1/2袋
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 水 200ml
  • 輪切り唐辛子 適量
  • ラー油 適量
スポンサーリンク

麻婆豆腐鍋のレシピ

材料を前もって切っておく

チンゲン菜は食べやすい大きさに、長ネギはみじん切りにしておきます。

豆腐は中に入っている水を抜いてから持参します。

山では豆腐の容器に残っている水を捨てることができないためです。

材料はジップロックに入れて持参すると、持ち運びやすくて良いです。

麻婆豆腐の素、鶏ガラスープの素、水をメスティンに入れる

麻婆豆腐の素をメスティンに入れます。

今回は本格的な味を求めて、↓の麻婆豆腐の素を使いました。

鶏ガラスープの素小さじ1を入れます。

水200mlを加えて鶏ガラスープの素を溶かしたら、麻婆豆腐鍋のつゆは完成です。

もやし、チンゲン菜、豆腐、長ネギを加える

メスティンに、きっておいたチンゲン菜、もやしを加えます。

豆腐は食べやすい大きさに切って入れます。

ぼくはいつも果物ナイフを持参しているので、そのナイフを使って豆腐を切りました。

豆腐をメスティンに入れました。

みじん切りにした長ネギを豆腐にのせたら、具材の盛り付けは完成です。

中火で加熱する

バーナーで中火でグツグツ煮込んでいきます。

煮込み終わったら、輪切り唐辛子、ラー油をお好みでかけて完成!

チンゲン菜がやわらかくなるまで煮込んだら

お好みで輪切り唐辛子、ラー油をかけて

麻婆豆腐鍋の完成です!

ちなみに、写真に写りこんでいるのは、荒地山の主と僕が呼んでいる猫です笑

おにぎりを持ってきていたので、シェラカップに盛り付けて

麻婆丼も作ってみました。

ご飯と麻婆豆腐鍋の相性はバッチリです!!

まとめ

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、麻婆豆腐鍋を紹介しました。

他にも鍋料理をいろいろ紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

※山ごはん鍋のレシピを他にも多数紹介しています。

この記事を書いた人
つくも

料理好きが講じて、山ごはんも凝ったものを作りがち。
山ごはん初心者にも紹介できる簡単メニューを日々考案する毎日です。

twitter、instagram、youtubeも更新しています!
お問い合わせはこちら

つくもをフォローする
スポンサーリンク
三度の飯より山ご飯が好き!

コメント

タイトルとURLをコピーしました