山ごはん 鍋 山ごはんレシピ

メスティンでそうめん鍋!素朴な味でおいしい山ごはん

山ごはん 鍋

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、そうめん鍋を紹介します。

そうめん鍋は、そうめんを出汁でゆでてそのままいただく鍋ですが

素朴でシンプルな味がおいしい山ごはんレシピです。

簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください!

そうめん鍋の材料

そうめん鍋の材料
  • そうめん 1束
  • 三つ葉 適量
  • 梅干し 1個
  • 卵 1個
  • 白だし 大さじ2
  • 水 180ml

今回は材料少なめで、持っていくのも楽な山ごはんレシピだと思います。

スポンサーリンク

そうめん鍋のレシピ

材料を前もって切っておく

三つ葉は、食べやすい大きさにざく切りにします。

三つ葉の量はお好みで決めてください。

梅干しは種を取り除いて、ラップに包みます。

今回は卵を使いますが、卵を山に持っていく方法は↓の記事を参考にしてください。

材料はジップロックに入れて持参します。

水と白だしを合わせ、沸騰させる

メスティンに、水180mlと白だし大さじ2を入れます。

白だしは和風の味付けのの基本となるので、ひとつ持っていると便利です。

白だしは百均で売っている容器で持参します。

水と白だしを混ぜ合わせたら

加熱して、一度沸騰させます。

沸騰した出汁にそうめんを入れて、1~2分ゆでる

沸騰した出汁に、素麺を加えます。

今回は、どなたからかもらった「揖保乃糸」を使います。

そうめんを入れて、1~2分間ゆでていきます。

そうめんがある程度やわらかくなりました。

溶き卵を加え、固まるまで煮立たせる

そうめんがやわらかくなったら、溶き卵を加えます。

溶き卵を加えたら、卵が固まるまで触らないでください。

途中で触ってしまうと、卵がふわふわに固まりません。

写真のように、卵が固まったら

軽く混ぜて、ふわふわ卵が全体にいきわたるようにしましょう。

三つ葉と梅干しをそえたら、完成!

最後に、切っておいた三つ葉と梅干を加えたら、そうめん鍋の完成です!

出汁の味を楽しめる、やさしい味が魅力のそうめん鍋です。

刺激も少ない、お腹にもやさしい山ごはんです。

まとめ

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、そうめん鍋を紹介しました。

パンチのある味や濃い味もおいしい山ごはんですが、素朴でやさしい味もおすすめです。

興味ある人はぜひ作ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました