山ごはんレシピ

登山で、ビーフシチュー!ラージメスティンでパンも焼きました。避難小屋で豪華な山ごはん

山ごはんレシピ

今回は、剣山系の三嶺を登山した時に作った、ビーフシチューのレシピを紹介します。

生憎の天気で眺望もない登山でしたが、豪華山ごはんを楽しむことができました。

ビーフシチューのお供に、友達がラージメスティンでパンも焼いてくれて、とても満足感のある山ごはんです!

みなさんもぜひ作ってみてください!

ビーフシチューの材料

ビーフシチューの材料(4~5人分)
  • ビーフシチューのルー 1箱
  • 玉ねぎ 中1個
  • 切ってあるカレーの具材 1袋
  • 冷凍ブロッコリー
  • レトルトチーズハンバーグ 6個
  • オリーブオイル 適量
  • 水 1400ml

今回は、三嶺ヒュッテ(避難小屋)で作りました。

スポンサーリンク

ビーフシチューのレシピ

玉ねぎをくし切りにする

玉ねぎをくし切りにします(写真を撮り忘れました汗)

玉ねぎは、根っこと皮をむいた状態で持参し、料理する時にくし切りにしました。

くし切りにした玉ねぎをオリーブオイルで中火で炒める

今回は4人分のビーフシチューを作るので、大きめのアルミ鍋を使用します。

アルミ鍋に、オリーブオイルを適量入れます。

くし切りにした玉ねぎを、中火で透き通るまで炒めます。

カレーの具(切ってあるじゃがいも、にんじん)を入れる

玉ねぎを炒めたら、商品名「カレーの具」を入れます。

「カレーの具」は、切ってあるじゃがいもやにんじんがパウチされていて

ある程度下茹でされているようなので、加熱時間も短縮できます。

「カレーの具」を入れた後、焦げ付き防止に浸る位の水を入れます。

中火で加熱していきます。

レトルトハンバーグ、残りの水を入れる

レトルトのハンバーグ、残りの水(合計1400ml)を入れます。

強火で加熱して、沸騰させます。

煮立ったら、5分ほど煮ていきます。

5分ほど煮込んだら、火を止め、ルーを加えて溶かす

5分ほど煮込んだら、火を止めてルー1箱分を加えます。

混ぜて、ルーを溶かします。

冷凍ブロッコリーを加えて、とろみがつくまで中火で加熱する

冷凍ブロッコリー(登山時間でほぼ解凍済)を加えます。

とろみがつくまで煮込んだら完成!

寒い日も温まるおいしいビーフシチューができました!

ラージメスティンで焼きたてパンを焼く

焼きたてパンの材料

マル秘。

いつか教えてもらいます。

今回、ビーフシチューのお供にラージメスティンでパンを友達に焼いてもらいました。

スポンサーリンク

焼きたてパンのレシピ簡易版

パンについて僕は詳しくないので、何となくのレシピを紹介します。

ラージメスティンに、焦げ付き防止のクッキングシートをしきます。

クッキングシートの型はメスティン折を参考にしました。

持参したパン生地(冷たくして発酵を抑えておく)を打ち粉をして、適当な大きさに切り分けます。

良い感じの大きさに切り分けたら

布巾をかぶせて、発酵させます。

この時、お湯の入ったコッヘルを下に仕込むことで、温めて発酵を促進します。

発酵が進んだら、ラージメスティンにセットして

さらに温めて、発酵を進めます。

発酵が進むことでこんなに膨らみました!!

発酵が終わったら、固形燃料を使って焼いていきます。

上面、底面、側面といろんな方向から焼くのがコツみたいです!

おいしそうに焼き上がりました!!

ちぎったら湯気が出るくらいのアツアツです!食感もフワフワでおいしい!

ビーフシチューとパンの相性も最高でした!

まとめ

今回は、剣山系の三嶺を登山した時に作った、ビーフシチューのレシピとメスティンで焼くパンのレシピ簡易版を紹介しました。

久々に、手の込んだ山ごはんを作ることができて、非常に満足です!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました