山ごはん 鍋 山ごはんレシピ

メスティンで白い豆乳鍋!冬におすすめあったか山ごはん

山ごはん 鍋

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、豆乳鍋を紹介します。

いろいろな味付けがある豆乳鍋ですが、白だしをベースにした味付けで作ってみました。

また、入れる具材は白いものばかりということで、題して「白い豆乳鍋」です。

おいしくできたので、ぜひ作ってみてください!

白い豆乳鍋の材料

白い豆乳鍋の材料
  • 白菜 1/8個
  • えのき 1束
  • 豚肉 100gくらい
  • タラの切り身 100gくらい
  • 無調整豆乳 1パック(200ml)
  • 白だし 50ml
  • 水 200ml
  • 塩 適量

豚肉は赤いですが、火が通ると白くなるので全て白い具材です!笑

スポンサーリンク

白い豆乳鍋のレシピ

具材を前もって切っておく

山に具材を持っていくときは、基本的に具材を切っておきます。

今回の材料のうち、白菜、えのき、豚肉は食べやすい大きさに切っておきましょう。

写真はすき焼きの具材をジップロックに詰めたものです。

切った具材は、ジップロックなどに入れて持参しましょう。

豆乳、白だし、水を混ぜる

豆乳鍋のもとを作っていきます。

最初に無調整豆乳1パック(200ml)を入れます。

今日は具たくさんなので、ラージメスティンを使います。

次に、白だし50mlを入れます。

水200mlを入れて、豆乳鍋のもとの完成です。

豆乳:白だし:水=4:4:1で覚えると良いです。

具材を入れる

鍋のもとができたら、具材を入れていきます。

白菜をメスティンの底に並べて、えのきを横に添えます。

豚肉とタラの切り身を入れます。

タラの切り身がおいしそう。

中火で加熱して、火が通ったら完成!

具材を入れ終わったら、中火で加熱開始です。

豆乳鍋は吹きこぼれやすいので、ふたを軽くのせた状態で加熱すると良いです。

豚肉にも火が通って、白い豆乳鍋の完成です!!

やさしい味なので、お好みで塩をふって食べても良いです!

塩も白いということで、全部白い鍋です笑

タラの切り身がやわらかくて、おいしい!

タラの旬は冬なので、鍋にピッタリの具材です。

まとめ

今回は、メスティンでつくるあったか山ごはん、白い豆乳鍋を紹介しました。

白だしが効いた、やさしい味でとてもおいしかったです。

いろいろ山ごはん鍋レシピを紹介していく予定なので、よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました