山ごはん初心者 山ごはん道具

【検証】登山用ガスカードリッジの使用量を知る。ガス1缶でお湯は何回沸かせるのか?

山ごはん初心者

山ごはんファンのみなさん、こんにちは!

山ごはんを始める人に、よくされる質問に

「登山用のガスってどのくらいもちますか?」

というのがあります。

確かに、ガスの使用量って気になりますよね。

この質問には、今までの経験を踏まえて何となくの感覚で答えていましたが

せっかく山ごはんブログをやっているなら実際に検証して確かめよう!と思い、

ガス1缶でお湯で何回沸かせるのかという視点で、確かめていきます。

検証する前に

ガスの使用量は条件によって変わる

最初に前提なのですが、ガスの使用量は条件によって結果が変わります。

すぐに思いつくものとして

ガスの使用量を予想するために必要な条件
  • ガスバーナーの性能
  • ガスカードリッジのガスの種類
  • 外の気温
  • 風の強さ
  • クッカーの材質
  • クッカーの形状
  • 標高

があげられます。

この条件によって結果が変わるというのが難しいところで

冒頭の質問「登山用のガスってどのくらいもちますか?」

になかなか答えづらい一因となっています。

つまり、質問をする人によって条件が違い、結果も違います。

だいたいの使用量が知りたい

と言っても、結果が変わるので答えられませんというのも面白くないので

「登山用のガスってどのくらいもちますか?」という質問する人の意図を

考えてみましょう。

実際のところこの質問をする人は、だいたいの使用量が知れたらOK!って人が多くないでしょうか。

少しその使用量の目安がずれたとして、怒る人はそこまでいないと思います。

なので、ぼくも今回はこのだいたいの使用量を知ることを目標として

検証を進めていきます。

結論:ガス1缶で23~33回お湯を沸かせる

最初に結論をお伝えしますが

今回の検証結果から、ガス1缶で23~33回お湯を沸かせることが分かりました。

いろいろな条件に影響される結果ですが、一つの目安になると思います。

今回の検証条件、検証結果を説明していますので、以下を確認してみてください!

スポンサーリンク

ガスの使用量について検証

今回の検証条件

今回、ガスカードリッジの(だいたいの)使用量を知るための検証条件はこちらです。

検証条件
  • ガスバーナー:PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
  • ガスカードリッジ:ノーマルガス(温暖期用)
  • 気温:25℃
  • 風速:1m以下
  • クッカーの材質:今回は2種類(ステンレス、アルミ)
  • クッカーの形状:今回は3種類(丸形、フライパン、角形)
  • 標高:5mくらい

この条件でのガスの使用量を実際に量ってみます。

それぞれの条件が変わると、ガスの使用量は変動すると予想されます。

なので、あくまで目安ということで。

ガスカードリッジに最初に入っている量:231g

ガスの使用量を量るためには、最初に入っているガスの量を知る必要があります。

手元に、新品のガスカードリッジと空のガスカードリッジがあったので

計量して、最初に入っているガスの量を調べました。

新品のガスカードリッジの重量376g

空のガスカードリッジの重量145g

この結果から、新品の重量から空の重量をひいて

最初に入っているガスの量は 376-145=231g

であることが分かりました。

ノーマルガス(小) NET:230g

出典:PRIMUS

HPの情報ともほぼ一致したので、計量が合っていることが証明されました。

水500mlを沸騰させるのに必要なガスの量

今回は、水500mlを沸騰させるのに必要なガスの量を量って検証します。

500mlは袋ラーメンを作るのに必要な水の量なので

ガスの使用量を知る上で一つの目安になると思います。

snow peakのコッヘルの場合:10g

最初に調べるのは、snow peakのコッヘルです。

丸形のクッカーで、ステンレス製です。

水500mlを入れて、ほぼ最大の火力で加熱しました。

沸騰したタイミングで火を止めました。

沸騰するまでの時間は、4分18秒でした。

使用前のガスカードリッジの重量376g

使用後のガスカードリッジの重量366g

使用前後の重量を比較して

snow peakのコッヘルで水500mlを沸騰させるのに必要なガスの量は

10gであることが分かりました。

ゼログラムのフライパンの場合:7g

2番目に調べるのは、ゼログラムのフライパンです。

四角形(正方形)のクッカーで、アルミ製です。

コッヘルと同じく、ほぼ最大火力で加熱しました。

底が広いので、火の当たる面が大きいです。

沸騰するまでの時間は、2分52秒でした。

コッヘルより、1分26秒も短い結果となりました。

使用前のガスカードリッジの重量366g

使用後のガスカードリッジの重量359g

使用前後の重量を比較して

snow peakのコッヘルで水500mlを沸騰させるのに必要なガスの量は

7gであることが分かりました。

trangiaのメスティンの場合:8g

2番目に調べるのは、trangiaのメスティンです。

四角形(長方形)のクッカーで、アルミ製です。

同じく、ほぼ最大火力で加熱しました。

沸騰するまでの時間は、3分48秒でした。

使用前のガスカードリッジの重量359g

使用後のガスカードリッジの重量351g

使用前後の重量を比較して

snow peakのコッヘルで水500mlを沸騰させるのに必要なガスの量は

8gであることが分かりました。

検証結果から、ガス缶の使用回数を計算:23~33回

今回の検証結果から

  ガス使用量 沸騰するまでの時間
snow peakコッヘル 10g 4分18秒
ゼログラムフライパン 7g 2分52秒
trangiaメスティン 8g 3分48秒

ということが分かりました。

ガスカードリッジの最初に入っているガスの量は231gですので

  水500mlを沸騰させることができる回数
snow peakコッヘル 23.1回/缶
ゼログラムフライパン 33回/缶
trangiaメスティン  28.9回/缶

という計算結果となりました。

実際使用していて、使用回数は20~30回くらいのイメージだったので

実感と検証結果が似た結果となりました。

この検証結果はあくまで目安ですが、ガス缶の使用回数の参考になると思います。

まとめ

今回は、登山用ガスカードリッジの使用量を知りたい!ということで

実際に検証しました。

今回の検証から分かったこと
  • ガスの使用量は条件によって変わる(クッカーの材質、形状など)
  • 水500mlを沸かすのに必要なガスの量は、7~10g
  • ガス1缶で、水500mlを23~33回沸かすことができる

今回の検証結果が、みなさんの山ごはんライフに少しでも役に立てば良いなと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました