山ごはんレシピ缶詰炊き込みご飯

メスティンであさりとつぶ貝の炊き込みご飯(深川めし)!貝の出汁が効いた絶品山ごはん

今回はメスティンでつくるあさりとつぶ貝の炊き込みご飯(深川めし)を紹介します。

深川めしは、アサリなどの貝類やネギをいっしょに炊き込んだ料理で

貝が有名な産地ではポピュラーですが、東京の深川が特に有名であることから

この名がついているそうです。

今回はアサリの水煮缶とつぶ貝の缶詰を使って、深川めしを作ります。

あさりとつぶ貝の炊き込みご飯(深川めし)の材料

深川めしの材料
  • お米 0.5合
  • あさり水煮缶 1缶
  • つぶ貝の缶詰(醤油味付) 1缶
  • しょうゆ 小さじ1(写真を載せ忘れました)
  • しょうが 1かけ
  • 刻みねぎ お好みで

スポンサーリンク

あさりとつぶ貝の炊き込みご飯(深川めし)のレシピ

材料を切っておく(家で準備)

しょうがひとかけは、せん切りにしておきます。

せん切りにしたしょうがをラップに包んで持参します。

お米0.5合を缶詰に入っている煮汁で浸水する

今回使うあさりの水煮缶には煮汁がたっぷり入っているので

お米の浸水に使います。

水煮缶に入った煮汁を、メスティンに入ったお米に加えます。

つぶ貝の缶詰はしょうゆ系のあまじょっぱい味付けになっています。

この煮汁も浸水および味付けに使用します。

つぶ貝の缶詰の煮汁も、お米に加えます。

今回入れた煮汁で、だいたい110mlくらいになります。

110mlの煮汁でお米を浸水します。

浸水時間をしっかりとることで、メスティン炊飯が成功しやすくなります。

今回は30分間浸水します。

しょうゆ、缶詰の具、しょうがを入れる

浸水が終わったら、しょうゆ小さじ1を加えます。

残しておいた缶詰の具(あさり、つぶ貝)を入れます。

せん切りにしておいたしょうがも入れます。

メスティン炊飯する

今回はカセットコンロで炊飯します。

シングルバーナーといっしょで 最初は中火、湯気が出たら弱火、チリチリ音がしたら火を止めます。

メスティン炊飯の詳しい方法はこちらを確認してください。

火を止めたら、タオルに包み10分間蒸らす

火を止めたらタオルに包んで、10分間蒸らします。

炊きあがったら、軽く混ぜ合わせて完成!

おいしそうに炊き上がりました!

具材がまんべんなくいきわたるように、軽く混ぜ合わせたら完成です!

シェラカップに盛り付けて

彩りを添えるために、青ネギを盛り付けました。

あさりとつぶ貝の深川めしができました!

貝の缶詰の煮汁を使ったので、貝の出汁が効いておいしかったです!

まとめ

今回は、メスティンでつくるあさりとつぶ貝の炊き込みご飯(深川めし)を紹介しました。 

あさりの水煮缶は必須ですが、つぶ貝は他の缶詰に変えてもおいしいと思います。

ぜひみなさんも作ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人
つくも

料理好きが講じて、山ごはんも凝ったものを作りがち。
山ごはん初心者にも紹介できる簡単メニューを日々考案する毎日です。

twitter、instagram、youtubeも更新しています!
お問い合わせはこちら

つくもをフォローする
スポンサーリンク
三度の飯より山ご飯が好き!

コメント

タイトルとURLをコピーしました