山ごはんレシピ 缶詰炊き込みご飯

ツナ缶のカレー風炊き込みご飯!【山ごはんレシピ練習】

山ごはんレシピ

今回は、ツナ缶のカレー風炊き込みご飯を紹介します。

以前、メスティンでつくるツナ缶の炊き込みご飯を紹介しましたが

ほんつゆを足した和風仕立ての味付けでした。

ツナ缶でつくる炊き込みご飯の新しいレパートリーを開拓するために

カレー粉を加えたレシピで作ってみました。

おいしくできたので、ぜひみなさんも試してみてください!

ツナ缶のカレー風味炊き込みご飯の材料

ツナ缶のカレー風味炊き込みご飯の材料
  • お米 0.5合
  • ツナ缶 (シーチキンL) 1缶
  • 玉ねぎ 1/16くらい
  • ウィンナー 2~3本
  • カレー粉 小さじ2

カレー粉を加えるということで、カレーピラフっぽく、玉ねぎ、ウィンナーを具材に加えることにしました。

スポンサーリンク

ツナ缶のカレー風味炊き込みご飯のレシピ

お米を100gの水に、30分間浸水する

お米を100gの水に、30分間浸水します。

メスティンを使ったご飯の炊き方についてはこちらにも

詳しく書いてあるので確認してみてください。

玉ねぎ、ウィンナーをみじん切りにする(前もって準備)

炊き込みご飯の具材であるウィンナー、玉ねぎは前もってみじん切りにしておきます。

ラップで包んで持参します。

浸水作業が終わったら、ツナ缶を入れる

浸水が終わったら、ツナ缶を油ごと投入します(山ごはんでは油を捨てることはできないため)

メスティンにツナ缶を入れた後、平たく均します。

ウィンナー、玉ねぎ、カレー粉を入れる

みじん切りにしておいた具材(ウィンナー、玉ねぎ)を入れます。

次に、カレー粉小さじ2を入れて

全体的に軽く混ぜて、カレー粉を溶かします。

いつも通りメスティンで炊飯する

今回は、メスティン2つ同時に炊飯します。

カセットコンロだけを使うと、メスティン2つに火が当たりませんが

ヨコザワテッパンの上にメスティンをのせることで

2個同時に炊飯することができます。

また、ヨコザワテッパンは全体が温かくなるので、メスティンの底面全体を加熱するので

焦げ付きにくくなるので便利です。

最初は、強火で加熱します。

湯気が出始めたら、カセットコンロの火をごくごく弱火にします。

メスティンから鳴るグツグツ音(お湯が沸く音)がチリチリ音(水がとんでご飯がチリチリ加熱される音)に変わったら火をとめます。

タオルで包んで10分間蒸らす

タオルに包んで、10分蒸らします。

おいしそうに炊き上がりました!

シェラカップに盛り付けて完成!

炊きあがったご飯をさっくり混ぜて

シェラカップに盛り付けたら完成です!

乾燥パセリをパラパラのせてみました。

味は、しっかりカレーの風味がついて、とってもおいしいです!

ウィンナー、ツナの旨味もあって食が進む炊き込みご飯です。

まとめ

今回は、ツナ缶のカレー風炊き込みご飯のレシピを紹介しました。

ツナ缶の和風炊き込みご飯もおいしかったですが

カレー風味の炊き込みご飯も上手にできて、とても満足です。

気になる人はぜひ作ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました