山ごはん ごはん系 山ごはんレシピ

メスティンとヨコザワテッパンで、ネギ塩だれ豚丼!豚バラとご飯を同時に炊くアイディア山ごはん

山ごはん ごはん系

今回は、メスティンとヨコザワテッパンでつくる山ごはん、ネギ塩だれ豚丼を紹介します。

豚バラブロックをメスティンでご飯を炊く時にいっしょに入れて、同時に調理するアイディアレシピです。

豚バラとネギ塩だれの相性が抜群でおいしいので、ぜひみなさんも作ってみてください!

ネギ塩だれ豚丼の材料

塩だれ豚丼の材料
  • お米 0.5合
  • 豚バラブロック 200gちょっと
  • 塩コショウ 適量
  • 卵 お好みで

ネギ塩だれ

  • 白ネギ
  • ごま油 大さじ2
  • 鶏ガラ 小さじ2
  • 塩 3~4ふり
  • ブラックペッパー 2~3ふり
  • レモン汁 小さじ2
  • 水 大さじ4
スポンサーリンク

ネギ塩だれ豚丼のレシピ

豚バラブロックに塩コショウをふり、ラップで包む

豚バラブロックに塩コショウをふって、ラップで包みます。

15分間程度包んでおくことで、塩味が豚になじみます。

塩だれを作る(家で準備)

白ネギに、ごま油大さじ2、鶏ガラスープの素小さじ2、塩3~4ふり、ブラックペッパー2~3ふり、レモン汁小さじ2、水大さじ4を加えて混ぜます。

ネギ塩だれは、百均で買った小さいタッパーに入れて、持ち運びます。

ヨコザワテッパンで、豚バラブロックを焼く

今回は、豚バラブロックをヨコザワテッパンという鉄板で焼きます。

ヨコザワテッパンは鉄板の厚さが売りで、鉄板が厚いとじっくり焼くことができ、お肉がジューシーに仕上がります。

ヨコザワテッパンに、クッキングペッパーを敷いてお肉を焼いていきます。

クッキングシートを敷かなくても焼くことはできますが、後片付けが楽なので使用しています。

豚バラブロック表面に、焦げ目がつくまで焼きます。

浸水したお米、豚バラブロックをメスティンに入れる

お米を軽く洗い、100mlの水といっしょに浸水します。

浸水時間は気温によって変わります。

今回は温かいので、30分間浸水しました。

メスティンの炊飯の方法については、こちらの記事で詳しくまとめているので、確認してみてください。

浸水したお米の上に、豚バラブロックを入れます。

いつも通りメスティン炊飯する

今回は固形燃料で炊飯しようと思いましたが

風が強すぎて火が安定しなかったので、カセットコンロで炊飯することにしました。

最初は中火で加熱、湯気が出始めたら弱火、チリチリ音がし出したら火を止めます。

詳細はバーナー炊飯の方法から確認してください。

火を止めたら、タオルに包んで10分蒸らす

火を止めたらタオルに包んで、10分間蒸らします。

おいしそうに炊き上がりました。

豚バラブロックを適当な大きさに切る

炊飯で火を通した豚バラブロックを適当な大きさに切ります。

ご飯もおいしそうに炊き上がりました。

豚バラ、ねぎ塩だれ、卵黄を盛り付けて完成!

ご飯の上に豚バラをのせて

タッパーで持ってきたねぎ塩だれも盛り付けます。

最後に、卵黄を盛り付けて、完成です!

豚バラと塩だれの相性が抜群の絶品山ごはんです!

まとめ

今回は、メスティンとヨコザワテッパンでつくる山ごはん、ネギ塩だれ豚丼を紹介しました。

とてもおいしくて、一瞬で食べてしまいました笑

ヨコザワテッパンで作る料理をもう少し紹介していきます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました