山ごはん ごはん系 山ごはんレシピ

メスティンで、えびピラフ!炊飯するだけで、本格山ごはん

山ごはん ごはん系

今回は、メスティンでつくる山ごはん、えびピラフを紹介します。

材料を入れて、メスティン炊飯するだけの簡単山ごはんです。

簡単といっても、とってもおいしいので、ぜひみなさんも作ってみてください!

えびピラフの材料

海老ピラフの材料
  • お米 1合
  • むき海老 6~8匹
  • 玉ねぎ 1/8個
  • ピーマン 1個
  • ウィンナー 3本
  • バター ひとかけら
  • コンソメ 1袋
  • 塩 適量
スポンサーリンク

えびピラフのレシピ

材料を切る(ここまで家で準備)

えびピラフに使う材料の玉ねぎ、ピーマン、ウィンナーを粗目のみじん切りにします。

むきえびはもうゆでてある調理済のものを使用します。

お米を浸水する

今回は具材がいっぱいなので、米1合で作ります。

お米を軽く洗い、200mlの水に浸水します。

お米1合の場合、水の量は〇ポチ(リベット)の半分が目安です。

今回の浸水時間はは30分です。

メスティンに、えび、玉ねぎ、ピーマン、ウィンナーを入れる

浸水が終わったら、むきえび、玉ねぎ、ピーマン、ウィンナーをメスティンに入れます。

むらなく火が通るように、材料をならしておきます。

コンソメ1袋を入れて、軽く混ぜる

次に、コンソメ1袋(4.5g)を入れます。

このコンソメは、持ち運びしやすい小袋タイプ(トップバリュー)です。

コンソメを入れて、水に溶けるまで軽く混ぜます。

メスティン炊飯する

今回はスノーピークのカセットコンロで炊飯します。

シングルバーナーといっしょで

最初は中火、湯気が出たら弱火、チリチリ音がしたら火を止めます。

メスティン炊飯の詳しい方法はこちらを確認してください。

火を止めたら、タオルに包み10分間蒸らす

メスティンからチリチリ音がしたら火を止めます。

火を止めたらタオルに包んで、10分間蒸らします。

蒸らし終わったら、バターを加えて混ぜる

蒸し終わりました。

炊き上がりは良い感じにおいしそう!

炊き上がったご飯に、バターひとかけらを加えて混ぜます。

塩で味を調えたら完成!

塩を3~4振りを軽く混ぜて、味を調えます。

軽く混ぜ終わったら完成です。

シェラカップにうつして、いただきます。

バターの風味とえびがマッチして、とてもおいしいです!

まとめ

今回は、メスティンでつくる山ごはん、えびピラフを紹介しました。

簡単にできましたが、結構本格的な味になりました。

バターを後入れして混ぜたことで、炊飯しただけよりおいしくなります。

ぜひみなさんも作ってみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました