山ごはんレシピ

メスティンとヨコザワテッパンで、チーズフォンデュ!テント場で本格山ごはん

山ごはんレシピ

今回は、メスティンとヨコザワテッパンでつくる山ごはん、チーズフォンデュを紹介します。

カマンベールチーズを使うことで、簡単に本格的な味の山ごはんを作ることができます。

今回は八ヶ岳のオーレン小屋のテント場で作りました。

本当においしかったので、ぜひみなさんも作ってみてください!

チーズフォンデュの材料

チーズフォンデュの材料
  • カマンベールチーズ 200gくらい
  • にんにくチューブ 3cmくらい
  • 白ワイン 適量
  • 塩 適量

つける具材

  • ウィンナー 5~6本
  • 冷凍ブロッコリー 1袋
  • 塩バターパン 1袋
スポンサーリンク

チーズフォンデュのレシピ

メスティンに、メスティン折りを入れる

チーズがメスティンに焦げ付かないようにメスティン折りを使います。

前もってメスティン折りを作っておいて、畳んだ状態で持参しました。

メスティン折りについては、こちらの記事を確認してみてください。

メスティン折りを、メスティンにセットします。

今回は破けないように、二枚重ねたクッキングシートでメスティン折りを作りました。

カマンベールチーズを入れる

メスティンに、カマンベールチーズを入れます。

↑のようなカマンベールチーズを使用します。

カマンベール風味のプロセスチーズを使うより、ちゃんとしたカマンベールチーズを使った方がおいしいです。

にんにくチューブ、白ワイン、塩を入れる

にんにくチューブを3cmくらい入れます。

チーズをそのまま溶かすとどろどろ過ぎるので、白ワインを加えます。

チーズのとろみの様子を見ながら、適宜加えていきます。

塩を3~4ふり加えます。

具材を準備する

ウィンナーを一口サイズに切ります。

冷凍ブロッコリー(テント場に着くまでに常温で解凍される)をシェラカップに入れて

塩バターパンをちぎったら、具材の準備はOKです。

ヨコザワテッパンに、メスティンをのせて加熱する

ヨコザワテッパンの上に、メスティンをのせて加熱します。

ヨコザワテッパンの上で加熱することで、ムラなく加熱されて焦げ付くことを防ぎます。

具材を、ヨコザワテッパンで焼く

チーズが溶けたら、ヨコザワテッパンの余りの部分で具材を焼きます。

具材が焼けたら、チーズにつけていただきます

ヨコザワテッパンにのせた具材が焼けたら完成です。

ウィンナーをチーズにつけます。

後は、ブロッコリーと

塩バターパンです。

友人といっしょに食べたのですが、パンが一番人気でした。

調理後のメスティンに全く焦げ付きはありません。

まとめ

今回は、メスティンでつくる山ごはん、チーズフォンデュを紹介しました。

調理自体はとても簡単なので、ぜひ作ってみてください!

ただヨコザワテッパンは重い!笑

登山に持っていくときは体力をつけましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました