山ごはん 冷たい麺 山ごはんレシピ

メスティンで、ねばねば蕎麦!夏でも冷たい山ごはん【流水麺簡単シリーズ】

山ごはん 冷たい麺

今日は流水麺を利用した、メスティンねばねば蕎麦を作ります。

流水麺はとても便利な食材なので、みなさんもぜひ参考に作ってみてください!

メスティンねばねば蕎麦の材料

  • 流水麺の蕎麦 1人前
  • 刻みおくら 適量
  • 納豆 1パック
  • めんつゆ 麺が浸るくらいの量
  • 温泉卵 1個
スポンサーリンク

メスティンねばねば蕎麦のレシピ

流水麺をメスティンに入れる

今回紹介するのは、こちらの流水麺を使った料理です。

これを使えば茹でずに麺料理が作れるので、山でも冷たい料理が作ることができます。

流水麺の基本の使い方はこちらを参考にしてください。

1袋2人前だったので、1人前だけ入れました。

冷たいめんつゆを入れます

めんつゆは冷やしたものを持参して、そのまま投入します。

保温ボトルに入れて持っていくことで、冷たいものを山で持参できます。

今回は家で作ったので、氷で冷やして投入しました。

氷もいっしょに投入。

小さい氷なら保温ボトルに入れて持っていくことができます。

刻みおくらをのせる

今回はトップバリューの冷凍刻みおくらを使用しました。

本物のおくらを使うより手間が少なくてとても便利です。同じようなきざみオクラはこちら。

納豆をのせる

納豆を混ぜ混ぜします。100回混ぜるとおいしさも100倍になります。

ねばねばが2種類になりました。

温泉卵をのせて完成!

しょうがもちょっことのせてみました。

まとめ

今回は、流水麺を使った、メスティンねばねば蕎麦を作りました。

暑い日でも冷たいので、食が進むおいしい山ごはんです。

家で作りましたが、今度は山で作りたいですね!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました