山ごはん ごはん系 山ごはんレシピ

登山用フライパンで、チャーハン!山ごはんで中華を作るのは難しい!

山ごはん ごはん系

今回は、登山用フライパンでつくる山ごはん、チャーハンを紹介します。

炊き込みご飯のように作る、なんちゃってチャーハンのような山ごはんレシピはありますが、今回のレシピは実際に炒めて作ります。

チャーハンの材料

チャーハンの材料
  • レトルトご飯(90g、チンした後持参する) 1個
  • 卵 1個
  • 豚肉 50g
  • ねぎ 適量
  • 中華調味料 適量
  • にんにくチューブ 適量
  • ごま油 適量
  • ブラックペッパー 適量

今回山ごはんで、ちゃんと炒めるチャーハンにチャレンジします。

チャーハンのレシピは、料理研究家リュウジさんの「至高の炒飯」を参考に山ごはんレシピ用にカスタマイズしています。

生卵と生肉を山に持っていく方法はこちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

チャーハンのレシピ

シェラカップなどの容器で卵を溶いておく

シェラカップなどの容器で、卵を溶きます。

軽く溶いたらOKです。

ごま油で、にんにく、豚肉を炒める

ごま油で、にんにくの匂いが立つくらい炒めます。

豚肉を炒めます。

バーナーの火の強さは中火くらいです。

バーナーは局所的に火があたるので、強くしてしまうと焦げ付いてしまいます。

このくらいまで炒めたらOKです。

豚肉を寄せて、卵を入れて少し火が通ったらご飯を入れる

まず豚肉をフライパンの端っこに寄せます。

ここから手際よくいきましょう!

空いた部分に卵を投入。

少し火が通ったら、ごはんを投入します。

混ぜながら炒める

混ぜながら炒めます。箸だと混ぜにくいので、ぼくは小さい木へらで炒めました。

中華調味料、ねぎ、ブラックペッパーを入れる

中華調味料を入れて、混ぜながらさらに炒めます。

中華調味料以外に、出汁系調味料でもおいしくできます。

ねぎを加えて炒めます。

ブラックペッパーも入れて炒めます。

ブラックペッパーの量は、写真の量を参考にしてください。

気持ち多めにすると、味にパンチが効きます。

炒めてきれいに整えたら完成!

炒め終わったら、きれいに整えて完成です!

まとめ

今回は、登山用フライパンでつくる山ごはん、チャーハンを紹介しました。

山でチャーハンを作るにはやっぱり難しい!!

中華は火力が命です。ただし山ごはんで強火で炒めるとクッカーに余計な熱がかかって、傷んでしまうんですよね泣

なので、家で作るよりはパラパラになりませんでした(ガッカリ)

が、味はばっちりおいしいので、みなさんもぜひ試してみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました