山ごはん ごはん系 山ごはんレシピ

メスティンで、最強のツナマヨ丼を作る。ツナ缶ランプで炊いたご飯といっしょに!

山ごはん ごはん系

今回は、ツナ缶とまぐろのダブルツナを使った最強のツナマヨ丼を紹介します。

あなたが今まで食べてきたツナマヨ丼の歴史を変えるおいしさなので、みなさんにもぜひ試してほしいです。

ツナマヨ丼に使ったご飯は、ツナ缶の油を燃料にしたツナ缶ランプを使って炊飯しました!

最強のツナマヨ丼の材料

  • 米 0.5合
  • ツナ缶(シーチキンL)1缶(油を切った状態)
  • まぐろ切り落とし 60g
  • きゅうり 1/2本
  • マヨネーズ 大さじ5くらい
  • めんつゆ 大さじ4くらい
  • ねぎ 適量
  • 刻み海苔 適量

ツナマヨとマヨが和えたマグロの両方を使った最強のツナマヨ丼です。

スポンサーリンク

最強のツナマヨ丼のレシピ

ツナ缶の油を燃料に、ご飯を炊く

今回はツナ缶の油を燃料にしたツナ缶ランプでご飯を炊きました。

普通に炊いたお米を持参してもOKです。

ご飯を炊いている間に、上に乗っける具材の準備をしましょう。

きゅうりをサイコロ状に切る

日帰り登山なら、前もって切っておいても良いかもです。

油を切ったツナとマヨネーズ、めんつゆを混ぜ合わせ、きゅうりも加える

燃料にするために、ツナと油を分けましたが

ご飯を持参した場合、油を分けずにツナを使っても良いです。

油を切ったツナに、マヨネーズ(大さじ3くらい)を加えて

さらにめんつゆ大さじ2も入れて、混ぜ合わせます。

きゅうりも加えて混ぜます。

マグロの切り落としを、マヨネーズといっしょに軽く火を通す

シェラカップなどの容器で、マヨネーズを使ってまぐろに軽く火を通します。

火が通ることで、ツナっぽくなりました。

まぐろにめんつゆを加えて、のっける具材は完成

少し冷めたら、めんつゆ大さじ2を加えます。

2種類ののっける具材ツナマヨ、まぐろマヨが完成しました。

ご飯の上に、具材を順番にのせたら完成!

シェラカップに、ご飯を盛り付けます。

ちょっとすすが入ってしまったのはご愛嬌として許してください。

ご飯に、刻みのりをのせます。

ツナマヨをのっけて

まぐろマヨ、ねぎをのっけたら最強のツナマヨ丼の完成です!

まとめ

今回は、ツナ缶とまぐろのダブルツナを使った最強のツナマヨ丼を紹介しました。

こんな豪勢なツナマヨ丼が世の中にあったんだ!笑

とてもおいしいので、みなさんもぜひ試してみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました